カール マイヤー(英語表記)Karl Mayer

20世紀西洋人名事典の解説

カール マイヤー
Karl Mayer


1899.9.4 - ?
米国の生化学者。
コロンビア大学教授。
ドイツ生まれ。
アメリカの生化学者で、1930年カリフォルニア大学バークレー校において、実験生物学助教授として活躍。’54年コロンビア大学教授。その業績として、’38年ムコ多糖や酸性ムコ多糖の名称を提唱したり、その分離や精製、構造に関する研究に従事した。その他の業績として’51年コンドロイチン硫酸のなかに2異性体が存在する事を発見した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android