カール マイヤー(英語表記)Karl Mayer

20世紀西洋人名事典の解説

カール マイヤー
Karl Mayer


1899.9.4 - ?
米国の生化学者。
コロンビア大学教授。
ドイツ生まれ。
アメリカの生化学者で、1930年カリフォルニア大学バークレー校において、実験生物学助教授として活躍。’54年コロンビア大学教授。その業績として、’38年ムコ多糖や酸性ムコ多糖の名称を提唱したり、その分離や精製、構造に関する研究に従事した。その他の業績として’51年コンドロイチン硫酸のなかに2異性体が存在する事を発見した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android