カール・ランサム ロジャーズ(英語表記)Carl Ransom Rogers

20世紀西洋人名事典の解説

カール・ランサム ロジャーズ
Carl Ransom Rogers


1902.1.8 - 1987
米国の心理学者。
元・オハイオ州立大学教授,元・シカゴ大学教授,元・同大学カウンセリング・センター所長,元・アメリカ心理学会会長,元・アメリカ心理療法学院院長。
イリノイ州オーク・パーク生まれ。
ユニオン神学校から、ニューヨーク州ロチェスター児童虐待防止協会の役職を歴任する一方で多数の臨床経験を持つ。’57年ウィスコンシン大学名誉教授となった。「クライエント中心療法」とよばれる来談者中心療法に業績があり、自己の構造・機能に関する研究を通して自己実現の原理を構築した。主著に、「カウンセリングと心理療法」(’42年)、「来談者中心療法」(’51年)、「エンカウンター・グループ」(’70年)、「人間の潜在力」(’77年)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

カール・ランサム ロジャーズ

生年月日:1902年1月8日
アメリカの臨床心理学者
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android