コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーンチープラム Kāñcīpuram

1件 の用語解説(カーンチープラムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カーンチープラム【Kāñcīpuram】

インドタミルナードゥ州北部,マドラスの南西約75kmにある都市で,ヒンドゥー教の七大聖地の一つ。人口14万5000(1981)。古くはパッラバ朝の都として栄え,現在ではサリーをはじめとする絹織物の名産地としても知られている。市内には多数のヒンドゥー教寺院があり,最も古いカイラーサナータ寺(8世紀初期)は南型建築の典型で,重層ピラミッド形の本殿と多数の柱をもつ前殿とからなる主建築を,内側に数十の小祠のある寺壁が囲み,正面に低い楼門が建つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カーンチープラムの関連キーワードコインバトールタミル語タミル族チェンナイマドラスチェックカルナータカ音楽ヒンドゥスターニー音楽エストレマドゥーラ大チョーラ朝寺院群マハーバリプラムの建造物群

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone