コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガイラー Johann Geiler

世界大百科事典 第2版の解説

ガイラー【Johann Geiler】

1445‐1510
ドイツの説教師。アルザスのカイザースベルクKaisersbergに育った。1477年シュトラスブルク(ストラスブール)の説教師となり,1501年には皇帝マクシミリアン1世の礼拝堂付き司祭となった。ウィンプフェリング,S.ブラントとも親交があり,教会の腐敗を批判することを恐れず,民衆的な説教によって多大の感化を与えた。宗教改革への道をひらいた一人に数えられる。【中村 賢二郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ガイラーの関連キーワードラシード・アリー・アルキーラーニーラシード・アリー ガイラーニードゥル・ルンマ3月16日手取植物群愚者文学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android