ガイラー(英語表記)Johann Geiler

世界大百科事典 第2版の解説

ガイラー【Johann Geiler】

1445‐1510
ドイツの説教師。アルザスのカイザースベルクKaisersbergに育った。1477年シュトラスブルク(ストラスブール)の説教師となり,1501年には皇帝マクシミリアン1世の礼拝堂付き司祭となった。ウィンプフェリング,S.ブラントとも親交があり,教会の腐敗を批判することを恐れず,民衆的な説教によって多大の感化を与えた。宗教改革への道をひらいた一人に数えられる。【中村 賢二郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android