コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

説教師 セッキョウシ

2件 の用語解説(説教師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せっきょう‐し〔セツケウ‐〕【説教師】

説教を職業とする人。神仏などの教えを説く人。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せっきょうし【説教師】


キリスト教社会]
 宗教改革前夜のローマ・カトリック信仰の基礎は秘跡(サクラメント)で,教会での司牧の中心はミサの執行であった。教会と信仰のこのようなあり方への批判が高まるにつれて,しだいに聖書が信仰の基礎に置かれ,司牧活動では説教が重視されることになった。これに伴って15世紀の初めから,特に都市の教会では正規の司祭職のほかに,新しく説教職が,市参事会や裕福な家族によって設置される傾向が現れた。説教師Predigerは知性,学識において司祭にはるかに勝り,また教会と信仰の既成のあり方に批判的であったから,宗教改革への地ならしをするとともに,宗教改革の速やかな普及に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

説教師の関連情報