コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウリサンカール Gaurisankar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガウリサンカール
Gaurisankar

ヒマラヤ山脈中部,クーンブヒマール (エベレスト山群) の西方にあるロルワーリンヒマールの高峰。北峰 (7146m) と南峰 (7010m) をもつ。ネパールと中国チベット (西蔵) 自治区との国境稜線上に位置し,地図上では北峰は中国領となる。岩壁が切立った峰で,ロルワーリン谷のシェルパは南峰をチョモツェリン Ch omo Tseringma (長寿の女神) と呼んでいる。 1965年から登山禁止が続いていたが,79年に解禁され,その年の春にはアメリカ=ネパール合同隊が北峰を,秋にはイギリス隊が南峰を初登頂した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ガウリサンカールの関連キーワードガウリサンカール[山]雪男

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android