コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガス入り光電管 ガスいりこうでんかんgas-filled phototube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガス入り光電管
ガスいりこうでんかん
gas-filled phototube

光電管内にヘリウムアルゴンなどの不活性ガス低圧 (0.1~1トル) に封じ込めたものをガス入り光電管という。光電陰極から放出された電子は走行中に管内のガス分子と衝突して分子をイオン化する。イオン化によって生じた電子とイオンがさらに他の分子と衝突してイオン化を繰返すことによって電流増幅が行われる。真空光電管の5~10倍の感度があるが,イオンを利用しているため使用できる周波数の上限が比較的低く,数百 Hz以上では応答しにくくなる。また陽極電圧が高すぎるとガスが放電を開始するため,用いる電圧に注意を要する。トーキー録音の再生,光リレー,模写電送などに用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android