模写電送(読み)もしゃでんそう

百科事典マイペディア「模写電送」の解説

模写電送【もしゃでんそう】

白黒だけの画面,文字などを遠隔地に伝送する電気通信方式。画面を画素に分けて光源走査し,電気信号に変えて伝送,受信側では信号電流に応じて白黒の記録に変換する。信号電流の強弱は0か最大でよいこと,受信側では現像などの操作を経ずに直接記録すること,の二つが写真電送と異なる。ファクシミリの一方法。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「模写電送」の解説

もしゃ‐でんそう【模写電送】

〘名〙 ファクシミリの一つ。文字・図面などを走査により電気的信号に変換して伝送し、受信側ではそれを復元・記録する通信方式。記録に打点式・放電式などの写真以外の方法を用いるものをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の模写電送の言及

【ファクシミリ】より

…ファクシミリの語源はラテン語のfac simileで,英語のmake (it) similar(同形の物を再生する)に対応し,略してファックスfaxともいう。ファクシミリのうち白黒2値画像を取り扱うものを模写電送,または模写電信document facsimile,中間調を含む画像を取り扱うものを写真電送,または写真電信photograph facsimileといっている。ファクシミリは1843年イギリスのベーンAlexander Bainによって発明された。…

※「模写電送」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android