コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

模写電送 もしゃでんそう

百科事典マイペディアの解説

模写電送【もしゃでんそう】

白黒だけの画面,文字などを遠隔地に伝送する電気通信方式。画面を画素に分けて光源で走査し,電気信号に変えて伝送,受信側では信号電流に応じて白黒の記録に変換する。信号電流の強弱は0か最大でよいこと,受信側では現像などの操作を経ずに直接記録すること,の二つが写真電送と異なる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

模写電送
もしゃでんそう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の模写電送の言及

【ファクシミリ】より

…ファクシミリの語源はラテン語のfac simileで,英語のmake (it) similar(同形の物を再生する)に対応し,略してファックスfaxともいう。ファクシミリのうち白黒2値画像を取り扱うものを模写電送,または模写電信document facsimile,中間調を含む画像を取り扱うものを写真電送,または写真電信photograph facsimileといっている。ファクシミリは1843年イギリスのベーンAlexander Bainによって発明された。…

※「模写電送」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

模写電送の関連キーワード謄写ファクシミリガス入り光電管デ・フォレスト

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android