コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッサー ガッサーGasser, Herbert Spencer

2件 の用語解説(ガッサーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガッサー
ガッサー
Gasser, Herbert Spencer

[生]1888.7.5. プラットビル
[没]1963.5.11. ニューヨーク
アメリカ生理学者。コーネル大学教授 (1931~35) ,ロックフェラー研究所所長 (35~53) 。神経の電気生理学的研究を行い,神経線維の機能上の分化を発見した。その功績により 1944年,共同研究者の J.アーランガーとともにノーベル生理学・医学賞を受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガッサー
がっさー
Herbert Spencer Gasser
(1888―1963)

アメリカの神経生理学者。ウィスコンシン州プラットビルで生まれる。ウィスコンシン大学アーランガーのもとで学び、のちに共同研究者となった。ウィスコンシン大学卒業後、ジョンズ・ホプキンズ大学に転じ、1915年に医学博士号を取得した。1921年ワシントン大学教授、1931年コーネル大学医学部長となり、1935年から1953年までロックフェラー医学研究所(現、ロックフェラー大学)の所長を務めた。
 ジョンズ・ホプキンズ大学在学中は血液凝固についての研究を行っていたが、その後、アーランガーに協力して神経の電気生理学の研究に着手した。彼はこの研究に陰極線オシログラフ(オシロスコープ)を利用し、神経繊維の種類によって刺激の伝達速度が異なることを発見した。このことは痛みを感じるメカニズムや反射作用の解明に大きな前進をもたらし、神経生理学の発展に寄与した。この業績により、1944年のノーベル医学生理学賞をアーランガーとともに受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ガッサーの関連キーワードウィルヘルムウィルヘルム[1世]ヴァン・ヴォルクンバーグオリファントハラタマファビウス二葉亭四迷メチニコフ水成岩タフォイド

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガッサーの関連情報