コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガティノー ガティノーGatineau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガティノー
Gatineau

カナダ東部,ケベック州南西部の都市。オタワ川北岸にあり,対岸はオンタリオ州オタワである。地名はこの付近でオタワ川に合流するガティノー川に由来。元来テンプルトンウェストの一部であったが,1933年ガティノー村となり,1946年町制,1975年市制施行。2002年隣接するエルメ,バッキンガム,ハル,マソン=アンジェの 4市と合体した。主産業はパルプ製紙で,建築用材,電子機器,医薬品も製造する。カナダ歴史博物館,ケベック大学の分校のほか,北西部にカエデの美しいガティノー州立公園がある。人口 26万5349(2011)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ガティノー(Gatineau)

カナダ、ケベック州南西部の都市。旧称ハル。オタワ川を挟んだ隣接するオンタリオ州に首都オタワがあり、双子都市をなす。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ガティノーの関連キーワードアルゴンキン族アルゴンキンカナダ東部

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android