コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガファール・ハーン Khān Abdul Gaffār Khān

1件 の用語解説(ガファール・ハーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ガファール・ハーン【Khān Abdul Gaffār Khān】

1890‐1988
インド北西辺境州(現,パキスタン内)出身の政治指導者。アリーガルで教育を受けたあとイスラムの改革運動に加わるが,1919年から反ローラット法運動,ヒラーファト運動に参加。終始国民会議派と行動をともにし,ガンディーと深い親交を保ち,〈辺境のガンディー〉と称された。この間投獄生活14年。1929年同胞のパシュトゥーン(パクツーン人)を糾合し〈クダーイ・キドマトガルKhudāi Khidmatgar(神の下僕)〉という強固な運動体を組織。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ガファール・ハーンの関連キーワードドイツ映画竹下登内閣板場真二造船業映画理論高松(市)多度津(町)油脂工業香西かおり北山雅康

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone