コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリアーノ ガリアーノ Galliano(イタリア)

1件 の用語解説(ガリアーノの意味・用語解説を検索)

飲み物がわかる辞典の解説

ガリアーノ【Galliano(イタリア)】


イタリアのD.R.L.社(Distillerie Riunite di Liquori S.p.A.)が製造するリキュールの商標名。バニラアニスジュニパーベリーなどの香草類をそれぞれスピリッツに浸漬後、圧搾、蒸留などにより香味成分を浸出させたものをブレンドして数ヵ月熟成させ、加糖して製する。鮮やかな黄金色で、バニラの香りが特徴。カクテルにも用いる。通常、アルコール度数は30~35度だが、42.3度のものもある。◇1897年、イタリア中部のトスカーナ州リボルノ市でアルトゥーロ・バッカリが考案。19世紀末の名将ジュゼッペ・ガリアーノにちなんで名付けた。第二次世界大戦後、ガリアーノの製造権は、バッカリ家からD.R.L.社に移っている。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガリアーノの関連キーワードイタリアンイタリーANSAイタリアンカジュアル愛の妙薬アルジェのイタリア人イタリア奇想曲イタリアのハロルドイタリア料理の日ガレストリ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガリアーノの関連情報