スピリッツ(英語表記)spirits

世界大百科事典 第2版の解説

スピリッツ【spirits】

酒の精の意で,アルコール分の高い蒸留酒,および蒸留酒やリキュール類などのブレンドに用いられる,原料アルコール(アルコール分45度以上)をいう。前者の場合,国際的にはウィスキー,ブランデーも含まれるが,日本の酒税法ではウィスキー,ブランデー,焼酎を除外した他の蒸留酒,つまり,アルコール分45度未満のジン,ラム,ウォッカ,テキーラ,アラックなどをスピリッツ類としている。【大塚 謙一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スピリッツ【spirits】

蒸留酒。酒税法上では、ウイスキー・ブランデー・焼酎・リキュール類を除いた蒸留酒。一般には、ジン・ウオツカなどの強い酒をいう。スピリット。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

スピリッツ【spirits】


蒸留酒。特に、ウイスキー、ブランデー、ジン、ウオッカ、ラム、テキーラなどアルコール度の高い洋酒。風味を加えてリキュールや別の蒸留酒などをつくるベースに用いる、純度の高いアルコールもいう。酒税法上の品目としては、「単式蒸留焼酎」「連続式蒸留焼酎」「ウイスキー」「ブランデー」「原料用アルコール」の5品目に該当しない「蒸留酒類」をいい、先に挙げたジン以下4者などが該当する。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スピリッツ
すぴりっつ
spirits

本来、欧米ではアルコール(酒精)、あるいはウイスキー、ブランデー、ジン、ラム、ウォツカなどアルコール分の強い蒸留酒の総称。わが国の酒税法では、焼酎(しょうちゅう)やウイスキー類(ウイスキーおよびブランデー)を除いた蒸留酒で、エキス分が二度未満のものをいう(エキス分二度以上の甘口のものはリキュール類として区分)。代表的なものとしてラム、ウォツカ、ジンがこれに属する。ラムはサトウキビの糖蜜(とうみつ)を原料として、発酵、蒸留してつくる。特有の甘い香りと味がある。ウォツカはオオムギなどのデンプン質を糖化、発酵させ、連続式蒸留機(パテントスチル)で蒸留したアルコールを白樺(しらかば)炭の層を通して精製したもので、無臭で甘い味が特色。ジンは穀類を原料とし、ジュニパーベリー(ネズの実)を加えて蒸留した酒で特有の香りをもつ。このほかにメキシコ原産のテキーラやスカンジナビア諸国のアクアビットがある。[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スピリッツの関連情報