コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリグー・ラグランジュ Marie Aubin Gontran Réginald Garrigou‐Lagrange

世界大百科事典 第2版の解説

ガリグー・ラグランジュ【Marie Aubin Gontran Réginald Garrigou‐Lagrange】

1877‐1964
フランスの神学者,トマス哲学者。医学を学んで後,ドミニコ会に入り,半世紀にわたってローマの教皇庁立聖トマス大学で教え,多数の弟子と著作を通じて20世紀前半における最も著名なカトリック神学者となる。哲学の分野ではトマス・アクイナスにもとづいて実在論的,客観主義的哲学の体系を樹立し,神学の領域ではトマス《神学大全》の注解,霊性神学に関する著作がある。【稲垣 良典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガリグー・ラグランジュの関連キーワード新スコラ哲学2月21日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android