コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリポリの戦い ガリポリのたたかいGallipoli Campaign; Dardanelles Campaign

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガリポリの戦い
ガリポリのたたかい
Gallipoli Campaign; Dardanelles Campaign

ダーダネルス遠征とも呼ばれる。第1次世界大戦中,連合軍が,ドイツの同盟国トルコを経由してロシアと連絡をはかるため,ガリポリ半島に進攻した上陸戦闘。 1915年2月 19,25日,3月 25日にイギリス,フランス艦隊がダーダネルス海峡のトルコ沿岸防備施設を砲撃したが,最後の日に機雷や砲台からの反撃によって3隻の戦艦が沈められ,また3隻が大破した。連合国艦隊は初め S.カーデン中将が指揮したが,途中で J.ロベック少将と交代した。連合軍はイギリス,フランス軍7万 8000人から成り,I.ハミルトン将軍のもとに4月 25日にアリブルヌ,ヘレス岬をはじめとする各地に上陸したが,ドイツの L.ザンダース将軍が指揮するトルコ軍は善戦した。激戦が続き,連合軍は作戦の失敗を認めて 11月 23日に撤収を決意,12月 18~19日および翌 16年1月8~9日までに,連合軍は撤退に成功した。この作戦で連合軍は 25万 2000人の戦死傷者を出したが,トルコ側の死傷者も 25万 1000人を数えた。この作戦の失敗以来,戦略と政略の調整に関する論議を呼び,イギリスの海相 W.チャーチル (のちの首相) は辞職を余儀なくされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ガリポリの戦いの関連キーワードクイーン・エリザベスマジェスティックロード・ネルソンイレジスティブルマグニフィセントヴェンジャンスインプラカブルアガメムノンヴェネラブルオーシャンゲリボルラッセルマッセナブーヴェ

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android