コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルフ・オイル[会社] Gulf Oil Corp.

世界大百科事典 第2版の解説

ガルフ・オイル[会社]【Gulf Oil Corp.】

メロン財閥の支配するアメリカの石油会社。メジャーの一つ。本社ピッツバーグ。1907年設立の同名の旧会社を継承して22年設立,テキサス州ポート・アーサーを活動の本拠とし,ガルフ(メキシコ湾)油田の発展とともに成長,石油メジャーの一つとなった。同社はエクソンモービルとは対照的に産油(上流)部門の拡大に重点をおき,早くより石油開発に着手した。海外では1913年メキシコに進出,24年ベネズエラで油田開発,38年にはBPとともにクウェートブルガン油田の発見に成功,さらに54年イランコンソーシアムに7%の利権を獲得した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のガルフ・オイル[会社]の言及

【シェブロン[会社]】より

…カルテックスの設立は,原油供給源をもちながら東半球に販路をもたないスタンダード・オイル・オブ・カリフォルニアと,逆に市場はあるが供給源に乏しいテキサコの利害が一致したことの結果である。84年,七大メジャーの一つであるガルフ・オイル社の買収に成功し,アメリカ本土における供給源をも拡充した。売上高303億ドル(1994年12月期)。…

【メジャー】より

…現在ではエクソン社,モービル社,テキサコ社,シェブロン社(以上アメリカ系資本),ブリティッシュ・ペトロリアム社(イギリス系資本),ロイヤル・ダッチ・シェル社(イギリス,オランダ系資本,ロイヤル・ダッチ・シェル・グループ)の6社をいう(1997)。1社少なくなっているのは,1984年初頭における激しい買収合戦の結果,メジャーのうちガルフ・オイル社が同じくメジャーのシェブロン社(当時はスタンダード・オイル・オブ・カリフォルニア社)に買収されたためである。 本来メジャーは,国際的に,生産,流通,精製,販売の活動を統合した一貫操業会社で,資本規模も大きく,世界の石油産業を支配してきた。…

【メロン財閥】より

…一方,1901年,テキサス州で発見された新油田の採掘を企てていたガフィー・オイル社の資金枯渇に乗じて,その株式の大半を買い占め,事実上これを支配してロックフェラーの石油独占に対抗した。同社は後にガルフ・オイルに発展し,海外へ積極的に進出,多くの石油権益を獲得した。トマスの子アンドリューAndrew W.M.(1855‐1937)は21年,財務長官に就任したが,在職中つねに資本家階級の利益代表として行動し,22年に成立させた未曾有の高率保護関税制度,フォードニー・マッカンバー法は,ALCOA社の独占維持に役立ったといわれている。…

※「ガルフ・オイル[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone