コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガル・ビハーラ Gal Vihāra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガル・ビハーラ
Gal Vihāra

スリランカのポロンナールワにある仏教の石窟寺院。露岩から彫り出した全長約 14mに達する涅槃 (ねはん) 像を含め,4体の巨大な仏像があることで名高い。 12世紀後半,パラクラマバーフ1世の時代に造営されたものと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のガル・ビハーラの言及

【ポロンナルワ】より

…人造湖の東に都城址が広がり,王宮跡,ストゥーパを安置する円形のワタダーゲー,蓮茎状の柱が残る建築ニッサンカ・ラター・マンダパヤ,タイの寺院建築との類似が指摘されている7層のサト・マハル・パーサーダ,タミル人の建立になる二つのシバ寺院(11世紀)などがある。また都城の北方の巨大な仏立像を祭ったランカーティラカ寺,涅槃像(長さ約14m)や仏弟子アーナンダ立像(高さ約7m)などの磨崖仏があるガル・ビハーラ,13世紀の壁画が残るティバンカ・ピリマゲ寺,さらに都城の南のパラクラマバーフ1世の肖像といわれる磨崖像などが重要である。これらはいずれも12世紀後期を中心とする最盛期の遺品で,東南アジアの美術にも多大の影響を及ぼした。…

※「ガル・ビハーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガル・ビハーラの関連キーワードパラクラマバーフスリランカ美術ポロンナルワ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android