コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガレン・カレラ Akseli Gallen‐Kallela

世界大百科事典 第2版の解説

ガレン・カレラ【Akseli Gallen‐Kallela】

1865‐1931
フィンランドの民族主義的ロマン主義の代表的画家。本名アクセル・ガレンAxel Gallén。ポリ生れ。ヘルシンキ,パリに学び,当初は民衆生活を写実的に描く。1880年代末に民族独立気運の高まる中で民族叙事詩《カレワラ》に注目し,以後これを,1900年パリ万国博覧会のフレスコ画をはじめ代表作の題材とする。1890年代に象徴派(象徴主義)と接触し平面的・装飾的なサンテティスム(総合主義)の様式に移行,画面は神秘性を帯び始める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のガレン・カレラの言及

【フィンランド】より

…フィンランド近代美術の黄金時代は19世紀末に始まり,その最初の著名な画家はエーデルフェルトAlbert Edelfelt(1854‐1905)で,日常生活の描写や肖像画を通じて同国に新しいフランス絵画の息吹きを紹介した。民族主義的ロマン主義の第一人者ガレン・カレラは,《カレワラ》の精神を色と線で表現することに成功した。ヤールネフェルトEero Järnefelt(1863‐1937)も抒情的風景画家で肖像画にも長じている。…

※「ガレン・カレラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガレン・カレラの関連キーワードカレバラ北欧美術

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android