コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガロンヌ[川] ガロンヌ

百科事典マイペディアの解説

ガロンヌ[川]【ガロンヌ】

フランス南西部の川。ピレネー中央のマラデタ山地に発して北流,トゥールーズを経て北西に転じ,ボルドーの北でドルドーニュ川と合してビスケー湾に注ぐ。下流はジロンド川と呼ばれ,幅5〜15kmの江湾。
→関連項目アキテーヌフランスボルドー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガロンヌ[川]【Garonne】

フランス南西部の川。全長約575kmでフランス第4位。流域面積は約5万6000km2でロアール川の約半分に達する。スペイン領ピレネー山脈のマラデッタ山に源を発し,トゥールーズまで北東に流れてから北西に転じ,アキテーヌ盆地を貫流してボルドー付近でジロンド川に注ぎ,ビスケー湾に流出する。東側のマシフ・サントラルからはタルン川,ロト川,ドルドーニュ川など多くの支流が流入し,アリエージュ川,ネスト川などの支流はピレネー山脈中部の広大な地域の水を集めている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ガロンヌ[川]の関連キーワードマシフ・サントラルドルドーニュ[川]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android