コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガロンヌ[川] ガロンヌ

2件 の用語解説(ガロンヌ[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ガロンヌ[川]【ガロンヌ】

フランス南西部の川。ピレネー中央のマラデタ山地に発して北流,トゥールーズを経て北西に転じ,ボルドーの北でドルドーニュ川と合してビスケー湾に注ぐ。下流はジロンド川と呼ばれ,幅5〜15kmの江湾。
→関連項目アキテーヌフランスボルドー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガロンヌ[川]【Garonne】

フランス南西部の川。全長約575kmでフランス第4位。流域面積は約5万6000km2でロアール川の約半分に達する。スペインピレネー山脈のマラデッタ山に源を発し,トゥールーズまで北東に流れてから北西に転じ,アキテーヌ盆地を貫流してボルドー付近でジロンド川に注ぎ,ビスケー湾に流出する。東側のマシフ・サントラルからはタルン川,ロト川,ドルドーニュ川など多くの支流が流入し,アリエージュ川,ネスト川などの支流はピレネー山脈中部の広大な地域の水を集めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガロンヌ[川]の関連キーワードビアリッツフランス領ギアナフランドルボルドーメドック白鷴フランス窓ルールドシャローズ種 (Chalosse)バルテ種 (Barthais)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone