ガンドン遺跡(読み)ガンドンいせき(英語表記)Ngandong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガンドン遺跡
ガンドンいせき
Ngandong

ジャワ島のソロ川中流の段丘上に位置する遺跡。付近にジャワ原人が初めて発掘されたトリニールがある。 1931~33年に G.ハールによって 11個の頭蓋と2個の脛骨が発見された。 G.ケーニヒスワルトはこれを,ホモ・ネアンデルターレンシス・ソロエンシスと命名したが,一般にはソロ人といわれている。原人から旧人への移行形と考えられ,地質学的年代は,更新世後期と推定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android