コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーマ Gama, Duarte da

2件 の用語解説(ガーマの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ガーマ Gama, Duarte da

?-? ポルトガルの貿易商。
天文19年(1550)根拠地の明(中国)から肥前平戸(長崎県)に来航。鹿児島に滞在中のフランシスコ=ザビエルを平戸によびよせ,キリスト教普及の契機をつくる。翌年豊後(ぶんご)(大分県)日出(ひじ)にいき,ザビエルと大友宗麟(そうりん)があう機会をもうけた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ガーマ

生年:生没年不詳
16世紀のポルトガル人貿易商兼船長。ザビエルの友人でイエズス会宣教師の日本渡航に尽力した。天文19(1550)年以降,毎年上川島(中国)から日本へ6回航海した。同20年豊後(大分県)日出に来着すると,山口にいたザビエルは彼の商船を訪れ,また豊後国主大友義鎮(のち宗麟)にも謁した。ザビエルは同船でインドへ帰り,義鎮はインド副王宛使者を同乗させた。翌21年ガーマの船は義鎮の使者とガーゴ神父らを乗せて鹿児島経由で豊後へ来着した。弘治1(1555)年平戸から上川島へ帰港した彼の船はかつて経験しなかったほどの豊富な商貨を積載した。平戸領主松浦隆信の上川島滞留中のイエズス会インド管区準管区長ベルシオール宛書翰は同船で託送されたようである。<参考文献>岡本良知『十六世紀日欧交通史の研究』

(五野井隆史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガーマの関連キーワードアルバレス南蛮貿易ポルトガル語南蛮人フスタクロンチョンポルトセグーロレイリア城ポルト(ポート)ソート=マヨール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガーマの関連情報