コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガール橋 ガールバシ

2件 の用語解説(ガール橋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ガール‐ばし【ガール橋】

Pont du Gard》フランス南部の都市ニームアビニョンの間を流れる、ガルドン川に架けられた古代ローマ時代の水道橋。3層のアーチを積み重ねた構造で、高さ49メートル、全長275メートルにおよぶ。古代ローマの優れた土木技術の代表例として、1985年に世界遺産文化遺産)に登録された。ポンデュガール

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガール橋
がーるばし
Pont du Gardフランス語

フランス南部、アビニョンニームの中ほど、ガール川の谷に架かっている古代ローマの水道橋。3層のアーチを積み重ねた形になっており、水面からの高さは49メートルもある。全長275メートル。重さ約6トンの巨石が使われ、2000年後の今日までほとんど完全な姿をとどめ、古代ローマの驚嘆すべき土木建築技術を示している。古代の水道橋は各地に残っているが、このガール橋が最大である。1985年には世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[紅山雪夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のガール橋の言及

【橋】より

…ローマ人も,前620年ころテベレ川に組立式の木橋を架けており,これがローマ最初の橋といわれるが,彼らの名を高めたのは石造アーチの水路橋(水道橋)である。上水道の水路としてつくられたものであり,なかでも南フランスのガール橋(ポン・デュガールPont du Gard,前13),スペイン,セゴビアの橋(14ころ)などは今も完全な姿を保ち,アーチの特性をよく心得たその技術は敬服に値する。 ローマ帝国滅亡後,再び注目すべき橋がつくられるようになったのは12世紀に入ってからである。…

※「ガール橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ガール橋の関連キーワードデュポン財閥リゼットリーズの結婚アビニョン橋サンベネゼ橋デュポン財閥銀橋アルルの跳ね橋ポン・レヴェック戦場にかける橋

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone