コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーロ丘陵 ガーロきゅうりょうGāro Hills

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーロ丘陵
ガーロきゅうりょう
Gāro Hills

インド北東部,メガラヤ州西部の丘陵。主として始生代の石英,片岩から成り,これに花崗岩が貫入。最高点はノクレク山 (1412m) 。丘陵の北と西はブラマプトラ川の谷に,南はバングラデシュの平野に,いずれも急激に落込む。南斜面では年降水量 3000mmをこえ,全体に厚い森林におおわれる。石炭と石灰石が大量に埋蔵され,石油も発見されている。住民は主としてガーロ族で,中心部はトゥラ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android