コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラマプトラ川 ブラマプトラがわ Brahmaputra

翻訳|Brahmaputra

3件 の用語解説(ブラマプトラ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラマプトラ川
ブラマプトラがわ
Brahmaputra

中国,チベット (西蔵) 自治区の南部からインド北東部,バングラデシュを流れる大河川。全長約 2900km。ヒマラヤ山脈北のカンティセ (岡底斯) 山脈に源を発し,ヒマラヤ山脈との間を約 1100km東流,のち南に向きを変え,けわしい峡谷を刻む一連の滝となって,インドのアルナーチャルプラデーシュ州の山岳地帯を抜け,アッサム州に入り,ゆるやかに西流。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブラマプトラ‐がわ〔‐がは〕【ブラマプトラ川】

Brahmaputra》中国のチベット自治区南西部のカイラス山地に源を発して東流し、インドのアッサム地方を西流し、バングラデシュを南流してガンジス川に合流する川。全長2840キロ。チベット語名ツァンポー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラマプトラ川
ぶらまぷとらがわ
Brahmaputra

中国、チベット自治区南西部のガンディセ(カイラス)山脈の南に源を発し、ヒマラヤ山脈の北を東流、同山脈の東を迂回(うかい)して、インド、バングラデシュを経てベンガル湾に注ぐ大河。全長2900キロメートル、流域面積93万平方キロメートル。源流から1600キロメートルの間は、縦谷をなして東流し、ヤルンズアンボ江またはズアンボ江とよばれる。このあたりでは降水量は少なく、チベット高原の氷河の融水によって涵養(かんよう)される。ラツェゾンからラサの南まで640キロメートルの区間は、勾配(こうばい)が緩やかで船の航行が可能である。ヒマラヤ山脈最東端のナムチャ・バルワ山の東で、南に大きく屈曲し、深い峡谷をなしてインドのアッサム州へ流下する。峡谷部は長さ320キロメートル、落差は2300メートルもあり各所に滝がみられる。この区間はディハングDihang川とよばれる。アッサム州のサジャ付近でルヒト川をあわせ、それより下流をブラマプトラ川とよぶ。以後ヒマラヤ南麓(なんろく)やシロン高原など世界的多雨地帯を西流するため、川幅、水量が急激に増大する。ドゥブリからふたたび南に流路をとり、バングラデシュのバハドゥラバード・ガートからパドマまでは、西のジャムナ川、東のブラマプトラ川に分流する。これは、18世紀におきた洪水によって河道がふさがり、本流の水がジャムナ川に注ぐようになったためである。メグナ川、ガンジス川と合流する河口部は、ジュート、米の栽培される大デルタ地帯を形成し、多くの河川に分流する。なお、ディハング川の急流部が探検家の遡上(そじょう)を妨げ、ヤルンズアンボ江とブラマプトラ川が連続していることが確認されたのは1884年のことである。[林 正久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラマプトラ川の関連キーワードチベット自治区玉樹西蔵チベット犬青海チベット(青蔵)高原青海チベット鉄道チベット騒乱チベット族チベット・ビルマ語派チベット種 (Tibet)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラマプトラ川の関連情報