キアーロスクーロ(英語表記)chiaroscuro

翻訳|chiaroscuro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キアーロスクーロ
chiaroscuro

絵画技法の一つで明暗法のこと。絵画において,画面や描かれた物体に立体感,距離感をもたせるために,光と陰影との明暗のコントラストを強調して描く方法をいう。ルネサンス時代に追究され,レオナルド・ダ・ビンチ,M.カラバッジオにおいて完成の域に達し,バロック時代には大いに活用された。レンブラントのすぐれた明暗法は有名である。また単色の明暗の調子のみで表わされた素描,あるいは絵もいう。絵画では A.マンテーニャの『サムソンとデリラ』 (ロンドン,ナショナル・ギャラリー) などが有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android