コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明暗法 メイアンホウ

5件 の用語解説(明暗法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めいあん‐ほう〔‐ハフ〕【明暗法】

絵画で、明と暗、光と影の対比や変化などがもたらす効果を用いて、立体感あるいは遠近感を表す方法。→キアロスクーロ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

めいあんほう【明暗法】

自然主義的な絵画表現技法の一つ。暗部(陰影部)と明部のコントラストによって,物体の立体感と画面内の空間の雰囲気を描出する。イタリア語そのままにキアロスクーロchiaroscuro(〈明・暗〉または〈光・影〉の意)ともいう。 アルベルティ《絵画論》の中で,光(明)は白,影(暗)は黒で表され,もっともすぐれた画家は白と黒で現実感を出せると述べ,古代ギリシアニキアスゼウクシスをその創始者とした。ここから,今日に至るまでアカデミズムの中心思想の中に,明暗のみによる素描を絵画の骨格とする理論が残った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

めいあんほう【明暗法】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明暗法
めいあんほう

キアーロスクーロ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明暗法
めいあんほう
chiaroscuro 英語 イタリア語
clair-obscureフランス語
Hell-dunkelドイツ語

美術用語。明るさと暗さを画面上に表す絵画技法の一種で、明と暗、光と影の対比・変化・均衡がもたらす効果を用いて、物体の立体感、画面における遠近感を表現する。また、光と影の対比や光源を画面に設定するなど、照明によって劇的効果を描き出すこともできる。これは、古代壁画、あるいはルネサンス期以降の写実的絵画において、事物、人物などの対象の浮彫り的効果を、明部から暗部への移調によって表現する手法として行われ、いわゆる肉づけ(モドレ)の手法と関連して、事物の写実的錯視を表すためにも、造形的な効果としても、とくに油彩画できわめて重視された。たとえば、ファン・アイク兄弟らの古典絵画では、硬筆の精細な線を用いてその粗密で明暗部を下書きし、その上に彩色する手法をとっているが、ルネサンスも熟すると、レオナルドダ・ビンチの明暗法といわれる単色(褐色)の濃淡であらかじめ下地を描き、その上に彩色するようになる。そしてべネチア派では、明部と暗部の対比で対象をとらえて、これを透明色と不透明色の対比に組み替えて、空間と造形感を表出している。
 明暗法を意味するイタリア語の「キアロスクーロ」は、版画用語としても用いられている(この場合フランス語ではカマイユcamaeuという)。これは、多色刷りの木版、リノリウム版画などの凸版において、ハイライトの部分を白抜きにして、明度の異なる版を重ね刷りし、対象の浮彫り的効果を強調する手法をいう。15世紀イタリアの版画家ウーゴ・ダ・カプリUgo da Capri(1480ころ―1520ころ)や、ニコロ・ビチェンティーノNicolo Vicentinoたちによって用いられ始めた手法で、版木の一枚は構図・事物を再現する正確なデッサンとし、他の版木は、構図や事物の正確な輪郭とは無関係に、事物や人物の浮彫り的効果を強調するための色版とするものである。たとえば、カプリの場合には、灰色の紙の上に黒でおおよそのデッサンを刷り、その上に、中間部と陰影の調子を示す白の版を重ねて、肖像画などの明暗、肉づけ、浮彫りの効果を表し、ラファエッロなどの画像の複製に用いている。
 さらに、キアロスクーロとカマイユの用語は、単色明暗画をさして用いられることがある。これは、ただ一色の絵の具の明暗だけで描いた絵または素描、あるいは色のついた紙に素描したものに白でハイライトを施した絵のことである。墨などによる単彩画(モノクロミーmonochromy)とほとんど同義語として用いられることが多いが、単彩画は明暗の諧調(かいちょう)がなくても、単色の絵の具だけで描かれていればよい点に相違がある。[中山公男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明暗法の関連キーワード遠近法絵画療法自然主義演劇ロスコ新理想主義超自然主義遮断法国際自然主義連合《自然主義の克服》自然主義文学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明暗法の関連情報