コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キオッジャ Chioggia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キオッジャ
Chioggia

イタリア北部,ベネト州ベネチア県の都市。ベネチアの南約 24km,アドリア海に面するベネタ潟湖の一角にある。いくつかの島から成り,本土と橋で結ばれる。ローマ時代に起源をもち,ベネチアとジェノバの間でその領有が争われたが,キオッジャの海戦 (1378~81) でベネチアの勝利が確定した。イタリア有数の漁業の中心地で,製陶,セメント,織物業なども立地。 11世紀に建てられた聖堂がある。人口5万 2582 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キオッジャの関連キーワードアクア・アルタアディジェ川ツァルリーノゴルドーニダミアーニムッサートゼノ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android