コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キカシグサ Rotala indica (Willd.) Koehne

2件 の用語解説(キカシグサの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キカシグサ【Rotala indica (Willd.) Koehne】

水田や湿地に生えるミソハギ科一年生雑草イラスト)。茎は長さ10~15cm,下部が張って節から根を出し,上部は斜上する。葉は対生し,楕円形,無柄で先は円く,長さ5~10mm,幅3~5mm,全縁で毛がない。花は8~10月ごろ葉腋(ようえき)につき,小さくて柄がない。萼は筒状で長さ1.5mm,4裂して裂片は三角形で先がとがる。花弁はごく小さく心形で4枚。おしべは4本,萼筒につき,めしべは1本。日当りのよいところでは全体が赤く色づくことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キカシグサ
きかしぐさ
[学]Rotala indica (Willd.) Koehne

ミソハギ科の一年草。全草無毛。茎は軟らかく下部は地をはい、上部は直立または斜上して高さ5~15センチメートル、短い側枝を出す。葉は対生で無柄、倒卵状楕円(だえん)形で先は円く、縁(へり)に透明部がある。花は8~9月、葉腋(ようえき)に単生し、萼筒(がくとう)は鐘形で4裂し裂片はとがる。花弁は小形で雄しべ4本、雌しべ1本で花柱は短い。(さくか)は楕円形で萼と同じ長さ。水湿地に多く、北海道南部から九州およびインド、マレーシア、中国に分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キカシグサの関連キーワード草合歓田五加木田鷸丁子蓼きかし草笄石菖針藺春蓼蛍藺禊萩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone