コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キカシグサ Rotala indica (Willd.) Koehne

世界大百科事典 第2版の解説

キカシグサ【Rotala indica (Willd.) Koehne】

水田や湿地に生えるミソハギ科一年生雑草イラスト)。茎は長さ10~15cm,下部が張って節から根を出し,上部は斜上する。葉は対生し,楕円形,無柄で先は円く,長さ5~10mm,幅3~5mm,全縁で毛がない。花は8~10月ごろ葉腋(ようえき)につき,小さくて柄がない。萼は筒状で長さ1.5mm,4裂して裂片は三角形で先がとがる。花弁はごく小さく心形で4枚。おしべは4本,萼筒につき,めしべは1本。日当りのよいところでは全体が赤く色づくことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キカシグサ
きかしぐさ
[学]Rotala indica (Willd.) Koehne

ミソハギ科の一年草。全草無毛。茎は軟らかく下部は地をはい、上部は直立または斜上して高さ5~15センチメートル、短い側枝を出す。葉は対生で無柄、倒卵状楕円(だえん)形で先は円く、縁(へり)に透明部がある。花は8~9月、葉腋(ようえき)に単生し、萼筒(がくとう)は鐘形で4裂し裂片はとがる。花弁は小形で雄しべ4本、雌しべ1本で花柱は短い。(さくか)は楕円形で萼と同じ長さ。水湿地に多く、北海道南部から九州およびインド、マレーシア、中国に分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キカシグサの関連キーワード雑草水田

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android