コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キクゴボウ きくごぼう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キクゴボウ
きくごぼう / 菊牛蒡
[学]Scorzonera hispanica L.

キク科の多年草。ヨーロッパ中南部原産。西洋ゴボウのバラモンジンsalsifyに対して、花が黄色いのでキバナバラモンジンの名もある。成長すれば茎は高さ約80センチメートル、根は30センチメートルに達するが、若い葉をサラダに、根は肉類といっしょに煮て食べる。なお、ゴボウアザミのこともキクゴボウとよぶ場合がある。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキクゴボウの言及

【アザミ(薊)】より

…いくつかの種が花が美しいところから,いけばなに利用され,根はゴボウと同様,みそ漬,粕漬,きんぴらなどとして食用にされる。ヤマゴボウ,キクゴボウなどの名でも知られ,栽培されている種もある。葉は厚く,鋸歯が鋭く,先端はかたいとげになっており,羽状に深く裂けているものや,浅く裂けているものがある。…

※「キクゴボウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

キクゴボウの関連キーワードアザミ(薊)サルシフィー

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android