コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キジノオシダ科 キジノオシダかPlagiogyriaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キジノオシダ科
キジノオシダか
Plagiogyriaceae

シダ植物シダ目の1科で,比較的原始的な特徴をもつ。ヒマラヤから中国,日本,東南アジア,ニューギニアにかけてと,メキシコからブラジルにかけての中南米に分布する。1属 40種ほどが認められている。根茎は短く直立し,先に葉を叢生する。中心柱は網状中心柱。葉には鱗片,毛がなく,葉柄基部の断面は三角形。また,葉には2型がある。胞子葉羽片が非常に細くなり,その縁が反転し包膜状になって中に胞子嚢を抱込んでいる。栄養葉は羽片の幅が広い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キジノオシダ科の関連キーワードキジノオシダ(雉の尾羊歯)ヤマソテツ(山蘇鉄)キジノオシダヤマソテツ雉の尾羊歯雉尾羊歯縮緬貫衆細葉雉尾山蘇鉄虎の尾鳳尾草雉尾環帯

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android