コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キセルゴケ Buxbaumia aphylla Hedw.

1件 の用語解説(キセルゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キセルゴケ【Buxbaumia aphylla Hedw.】

配偶体が極端に退化したキセルゴケ科の蘚類(イラスト)。北半球高緯度地域に分布し,日本では全国の山地に稀産し,薄い腐植質でおおわれた土上や岩上に散生する。配偶体は肉眼ではほとんど認められないほど小さい。雌雄異株。胞子体は雁首(がんくび)の大きい煙管(きせる)に似ており,外見は菌類の子実体(キノコ)を思わせる(実際,古い時代には菌類の一種とみなされていた)。蒴柄(さくへい)は太く,長さ5~10mm,蒴は広卵形で明瞭な背腹性を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone