キセルゴケ(英語表記)Buxbaumia aphylla Hedw.

世界大百科事典 第2版の解説

キセルゴケ【Buxbaumia aphylla Hedw.】

配偶体が極端に退化したキセルゴケ科の蘚類(イラスト)。北半球の高緯度地域に分布し,日本では全国の山地に稀産し,薄い腐植質でおおわれた土上や岩上に散生する。配偶体肉眼ではほとんど認められないほど小さい。雌雄異株胞子体雁首(がんくび)の大きい煙管(きせる)に似ており,外見菌類子実体(キノコ)を思わせる(実際,古い時代には菌類の一種とみなされていた)。柄(さくへい)は太く,長さ5~10mm,蒴は広卵形で明瞭な背腹性を示す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android