コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キタオポッサム きたおぽっさむ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キタオポッサム
きたおぽっさむ
northern opossum
[学]Didelphis marsupialis

哺乳(ほにゅう)綱有袋目オポッサム科の動物。フクロネズミともいう。カナダ南部からアルゼンチン北部に分布する。頭胴長は33~50センチメートル。おもに地上にすむが、木登りも巧みである。[中里竜二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキタオポッサムの言及

【オポッサム】より

…繁殖率は高いが,ボブキャット,オセロットなど多くの天敵に捕食される。 北アメリカからアルゼンチン北部まで分布するキタオポッサムDidelphis virginiana(イラスト)は体長50cmに達し,林ややぶのほか,公園でも見られる。単にオポッサムといった場合,本種を指すことがしばしばである。…

※「キタオポッサム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キタオポッサムの関連キーワードフクロネズミ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android