コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キタユムシ Echiurus echiurus

2件 の用語解説(キタユムシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キタユムシ【Echiurus echiurus】

キタユムシ科のユムシ動物。北海道の厚岸以北のオホーツク海北アメリカ北東岸,アイスランド海域に分布する。体長10cm,体幅2.5cm内外,灰白~黄灰色であるが,大型のものは紅色を帯びている。体表には小さい皮膚乳頭がほぼ輪状に並んでいる。頭端からは長さ2cmほどのへら状の吻(ふん)がで,その下方に開く口の後方に1対の腹剛毛がある。また,体後端にある肛門をとり巻いて,外側に11本,内側に8本の尾剛毛が並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キタユムシ
きたゆむし / 北
[学]Echiurus echiurus

環形動物門ユムシ綱有血管目キタユムシ科に属する海産動物。厚岸(あっけし)以北の北海道、千島列島、オホーツク海、アリューシャン列島、北アメリカ東北岸、アイスランドなど北方海域に広く分布する。体は長さ10センチメートル、幅2.5センチメートル内外で、灰白色ないし黄灰色、大形のものは紅色を帯びる。へら状で長さ約2センチメートルほどの吻(ふん)が頭端にある。体表には小さい皮膚乳頭がほぼ輪状に並び、口の後方の腹側に1対の腹剛毛が、そして体後端の肛門(こうもん)を取り巻いて外側に11本、内側に8本の尾剛毛が並んでいる。砂泥中に小さいU字状の管を掘ってすむ。カレイやマダラ釣りの餌(えさ)に利用される。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキタユムシの言及

【ユムシ(螠)】より

… 世界で約150種が知られている。底魚類の好む餌になっていて,カムチャツカ半島沖のコガネガレイやツノガレイの胃の中から体長8cm,体幅2cmほどのキタユムシEchiurus echiurusがほとんどそのままの形で多毛類などとともにでてきている。 ユムシUrechis unicinctusは体長10~30cmの円筒状で赤みがかった乳白色をしている。…

【ユムシ(螠)】より

… 世界で約150種が知られている。底魚類の好む餌になっていて,カムチャツカ半島沖のコガネガレイやツノガレイの胃の中から体長8cm,体幅2cmほどのキタユムシEchiurus echiurusがほとんどそのままの形で多毛類などとともにでてきている。 ユムシUrechis unicinctusは体長10~30cmの円筒状で赤みがかった乳白色をしている。…

※「キタユムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キタユムシの関連キーワード思ひ弛む鰹節虫埋葬虫背条露虫草履虫露虫厚岸グルメパークホシカムシ類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone