コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キタユムシ Echiurus echiurus

世界大百科事典 第2版の解説

キタユムシ【Echiurus echiurus】

キタユムシ科のユムシ動物。北海道の厚岸以北のオホーツク海,北アメリカ北東岸,アイスランド海域に分布する。体長10cm,体幅2.5cm内外,灰白~黄灰色であるが,大型のものは紅色を帯びている。体表には小さい皮膚乳頭がほぼ輪状に並んでいる。頭端からは長さ2cmほどのへら状の吻(ふん)がで,その下方に開く口の後方に1対の腹剛毛がある。また,体後端にある肛門をとり巻いて,外側に11本,内側に8本の尾剛毛が並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キタユムシ
きたゆむし / 北
[学]Echiurus echiurus

環形動物門ユムシ綱有血管目キタユムシ科に属する海産動物。厚岸(あっけし)以北の北海道、千島列島、オホーツク海、アリューシャン列島、北アメリカ東北岸、アイスランドなど北方海域に広く分布する。体は長さ10センチメートル、幅2.5センチメートル内外で、灰白色ないし黄灰色、大形のものは紅色を帯びる。へら状で長さ約2センチメートルほどの吻(ふん)が頭端にある。体表には小さい皮膚乳頭がほぼ輪状に並び、口の後方の腹側に1対の腹剛毛が、そして体後端の肛門(こうもん)を取り巻いて外側に11本、内側に8本の尾剛毛が並んでいる。砂泥中に小さいU字状の管を掘ってすむ。カレイやマダラ釣りの餌(えさ)に利用される。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキタユムシの言及

【ユムシ(螠)】より

… 世界で約150種が知られている。底魚類の好む餌になっていて,カムチャツカ半島沖のコガネガレイやツノガレイの胃の中から体長8cm,体幅2cmほどのキタユムシEchiurus echiurusがほとんどそのままの形で多毛類などとともにでてきている。 ユムシUrechis unicinctusは体長10~30cmの円筒状で赤みがかった乳白色をしている。…

【ユムシ(螠)】より

… 世界で約150種が知られている。底魚類の好む餌になっていて,カムチャツカ半島沖のコガネガレイやツノガレイの胃の中から体長8cm,体幅2cmほどのキタユムシEchiurus echiurusがほとんどそのままの形で多毛類などとともにでてきている。 ユムシUrechis unicinctusは体長10~30cmの円筒状で赤みがかった乳白色をしている。…

※「キタユムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キタユムシの関連キーワードアリューシャン列島ゴゴシマユムシミドリユムシサナダユムシ真田螠北螠緑螠

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android