コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キップのガス発生器 キップのガスはっせいきKipp's gas generator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キップのガス発生器
キップのガスはっせいき
Kipp's gas generator

大理石や硫化鉄などの固体希塩酸希硫酸などの液体を作用させて,連続的に二酸化炭素硫化水素などの気体を発生させるのに実験室で使われる装置。オランダの化学者 P.キップの発明による。今日では実際の研究にはほとんど使われない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のキップのガス発生器の言及

【キップの装置】より

…キップのガス発生器Kipp’s gas generatorとも呼ばれる。塊状の固体試料と液体試料とを反応させて気体を発生させるための装置。…

※「キップのガス発生器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キップのガス発生器の関連キーワードキップの装置大理石発生期

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android