コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネタケ(狐茸) キツネタケLaccaria laccata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キツネタケ(狐茸)
キツネタケ
Laccaria laccata

担子菌類マツタケ目シメジタケ科のキノコ。夏秋の頃,林下の地面に生じる。は径 1.5~3cmで丸山形,のちに扁平になり中央は落込んでへそ状。縁には著しく皺を生じる。表面はサーモンピンクまたは褐色がかった桃色,乾くと黄みがかった黄土色になる。柄は3~5cmで傘と同色。食べられる。北海道,本州,九州に産し,北アメリカヨーロッパオーストラリア,中国,小アジアにも知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報