コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーモンピンク salmon pink

翻訳|salmon pink

色名がわかる辞典の解説

サーモンピンク【salmon pink】

色名の一つ。JISの色彩規格では「やわらかいみの」としている。一般に、サーモンの肉色を表す、ややくすんだピンク色。サーモンはサケ科の海水魚の総称。生の切り身の色とする説と、焼いた切り身の色とする説がある。和名の鮭色はサーモンピンクの訳語。衣料品などの流行色で、日本語の鮭色よりもサーモンピンクの方が一般的。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サーモン‐ピンク(salmon pink)

鮭(さけ)の肉の色のような、赤みがかったピンク。「サーモンピンクのセーター」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

サーモンピンク【salmon pink】

サケの肉のような赤い色。朱色がかったピンク。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サーモンピンク
さーもんぴんく
salmon pink

セラミック顔料の一つ。ジルコン系顔料に属する。ジルコンZrSiO4に鉄の固溶したもので、製法は、ジルコニア(酸化ジルコニウム)、シリカ(二酸化ケイ素)に硫酸鉄()、酸化鉄()あるいは水酸化鉄()を配合、鉱化剤としてフッ化ナトリウム、塩化ナトリウム、硝酸ナトリウムあるいは硝酸アンモニウムを添加し、約900℃で焼成後、粉砕、熱湯で鉱化剤を溶解除去する。固溶した鉄は3価と推定されている。鉱化剤に六フッ化ケイ素酸ナトリウムを使用することもある。[大塚 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サーモンピンクの関連キーワード若年性関節リウマチキツネタケ(狐茸)成人発症スチル病ダルマインコテヅルモヅル旧連邦事務局サケ・マスオオバタントルコ青ゴデチア炭疽病サケ科サケ朱色発熱

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サーモンピンクの関連情報