コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーモンピンク salmon pink

翻訳|salmon pink

4件 の用語解説(サーモンピンクの意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

サーモンピンク【salmon pink】

色名の一つ。JISの色彩規格では「やわらかいみの」としている。一般に、サーモンの肉色を表す、ややくすんだピンク色。サーモンはサケ科の海水魚の総称。生の切り身の色とする説と、焼いた切り身の色とする説がある。和名の鮭色サーモンピンクの訳語。衣料品などの流行色で、日本語の鮭色よりもサーモンピンクの方が一般的。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サーモン‐ピンク(salmon pink)

鮭(さけ)の肉の色のような、赤みがかったピンク。「サーモンピンクセーター

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サーモンピンク【salmon pink】

サケの肉のような赤い色。朱色がかったピンク。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サーモンピンク
さーもんぴんく
salmon pink

セラミック顔料の一つ。ジルコン系顔料に属する。ジルコンZrSiO4に鉄の固溶したもので、製法は、ジルコニア(酸化ジルコニウム)、シリカ(二酸化ケイ素)に硫酸鉄()、酸化鉄()あるいは水酸化鉄()を配合、鉱化剤としてフッ化ナトリウム、塩化ナトリウム、硝酸ナトリウムあるいは硝酸アンモニウムを添加し、約900℃で焼成後、粉砕、熱湯で鉱化剤を溶解除去する。固溶した鉄は3価と推定されている。鉱化剤に六フッ化ケイ素酸ナトリウムを使用することもある。[大塚 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーモンピンクの関連キーワード青緑アプリコットオリーブグリーン黄赤黄緑グラスグリーンスカイブルー鉄黒ホリゾンブルーマルーン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サーモンピンクの関連情報