コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淋菌/痳菌 リンキン

百科事典マイペディアの解説

淋菌【りんきん】

淋病の病原菌,大きさ約1μm,腎臓形をなすグラム陰性双球菌で,莢(きょう)膜,鞭毛(べんもう),芽胞を欠く。尿路・性器のほか,関節,髄膜,新生児の結膜などに炎症を起こすが,免疫ができない特徴がある。
→関連項目オウバク(黄柏)カナマイシンサルファ剤尿道炎敗血症副睾丸炎卵管炎卵巣炎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淋菌
りんきん
[学]Neisseria gonorrhoeae (Zopf) Trevisan

淋疾をおこす病原菌。ナイセリア科ナイセリア属の細菌で、グラム陰性。腎臓(じんぞう)形の対をなす双球菌であり、尿道炎の膿汁(のうじゅう)中によくみられる。大きさは0.6~1マイクロメートル。白血球に取り込まれていることが多く、大きさはほぼ一定である(培養菌では大きさはさまざまとなる)。鞭毛(べんもう)、胞子、莢膜(きょうまく)は形成しない。培養の際は、普通寒天では発育しないため、血液寒天やチョコレート寒天を使用する。また、二酸化炭素環境下で培養すると、半透明白色、平滑形の集落を形成する。淋菌は体外に出されると速やかに死滅するので、検体はできるだけ早く培養しなければならない。また、55℃の条件では5~10分で死滅し、乾燥にも弱い。淋菌はチンパンジーに腟(ちつ)炎をおこすといわれるが、一般にはヒトにのみ病原性を示すとみられている。罹患(りかん)性器に健康粘膜が接触(性交、接吻(せっぷん)、産道通過)することにより感染し、心内膜炎、尿道炎、性器粘膜の炎症、関節炎、菌血症などをおこす。[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の淋菌/痳菌の言及

【淋病】より

…淋菌の感染によって起こる性病の一種で,医学的には淋疾という。古くは淋毒あるいは消渇(しようかち),屢尿(しばゆばり)とも呼ばれた。…

※「淋菌/痳菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

淋菌/痳菌の関連キーワードヘキサメチレンテトラミンオレアンドマイシンクラミジア感染症ライター症候群非淋菌性尿道炎アクリフラビン淋病(淋疾)グラム陰性菌淋菌性結膜炎新生児結膜炎クレーデ点眼ペニシリン淋病・痳病子宮頸管炎子宮内膜炎淋糸・痳糸淋毒・痳毒尿道狭窄性感染症頸管炎

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android