キャサリン-マンスフィールド生家記念館(読み)キャサリンマンスフィールドせいかきねんかん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ニュージーランドの首都ウェリントンにある、世界的に有名な短編作家キャサリン・マンスフィールドの家やなどの文化的遺産を復元した建物。家はこの地方原産のリムなどの木材で建てられた簡素な造りで、1888年に生まれた彼女は、この家で少女時代を過ごした。彼女の作品はフィクションだが、この家がモデルになっている箇所随所に見られる。彼女が仕事をしているところなどを収めたビデオ、写真なども展示されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android