コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャッスル因子 キャッスルいんしCastle's factor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャッスル因子
キャッスルいんし
Castle's factor

因子のこと。胃液中に存在するビタミン B12 吸収に必要な糖蛋白質のこと。アルカリには安定であるが熱には不安定。胃底部から分泌され,ビタミン B12 と非常に強い親和性があり,腸管壁の特殊な受容体に付着して,回腸からのビタミン B12 の吸収を促進させる作用がある。食物中のビタミン B12 は,この内因子が存在すれば約 70%が吸収されるが,存在しない場合は2%以下しか吸収できない。悪性貧血患者の胃液中には内因子が欠如している。 1929年にアメリカ合衆国の医師ウィリアム・B.キャッスル (1897~1990) がこの因子の役割を解明したため,この名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

キャッスル因子

 →内因子

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

キャッスル因子の関連キーワード胃手術後障害(胃手術後遺症)

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android