コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャルス Computer Aided Logistic Support; CALS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャルス
Computer Aided Logistic Support; CALS

コンピュータを利用して,おもに軍備技術情報を管理するためアメリカで組織されたシステム。各種装備の近代化の結果,技術資料やマニュアルなどの情報は増加傾向にあるが,こうした情報をコンピュータで管理し,設計から開発,生産,調達,管理にいたる装備の運用全般にわたって必要な情報を端末から取り出せるようにすることで,経費削減,時間短縮,品質向上など,効率化をはかるために 1980年代後半に導入された。 90年代に入ってからは,北大西洋条約機構の加盟諸国などにも広がっている。当初から民生での利用も計画され,政府機関と関連企業との共同の国家プロジェクトとして進められてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

キャルス【CALS】

高速電子商取引。原料の調達から製品の設計・開発・生産・運用・保守に至るまですべての情報をコンピューターで一元管理するシステム。

キャルス【CALS】

〖commerce at light speed〗

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

キャルスの関連キーワードウンキャルスケレッシ条約エジプト=トルコ戦争コンピューターネッセルローデキュタヒヤ条約海峡問題東方問題オルロフ一元原料保守

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android