コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャンティ 〈イタリア〉chianti

デジタル大辞泉の解説

キャンティ(〈イタリア〉chianti)

イタリアのトスカーナ州キャンティ地方産のワイン。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

キャンティ【chianti】

イタリアのトスカーナ地方で産出する赤ワイン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

キャンティ【Chianti(イタリア)】


イタリア中部のトスカーナ州キャンティ地区に産する、サンジョベーゼ種のぶどうを用いた赤ワイン。イタリアを代表するワインの一つ。わらの苞(つと)で包んだフラスコ形のボトルが知られる。◇「キアンティ」ともいう。

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャンティ
きゃんてぃ
chiantiイタリア語

イタリア中部、トスカナ州キアンティ(キャンティ)地方で生産されるワイン。キアンティともいう。大部分が赤である。原料ブドウはサンジョベーゼ種(赤)が大半を占め、そのほかカナイオロ・ネーロ(赤)、トレビアノ・トスカノ(白)、マルバジア・デル・キァンティ(白)種との混醸でつくられる。製造法はゴベルノ法とよばれる独特の方法がとられる。主発酵の終わったワインの中へ、別に数週間天日で乾かしたブドウの搾汁(さくじゅう)を加え、約20日間、二次発酵を行う方法で、これはワインが若くて飲める特色がある。アルコール分は約12%。キャンティが世界的に有名になったのは容器のためで、フィアスコとよばれる麦藁(むぎわら)で編んだ籠(かご)の中にキャンティを詰めたフラスコ型の瓶が入っている。キャンティは並酒で、大衆に愛される酒であるが、なかには高級酒もある。しかしこの際はゴベルノ法はとらない。[原 昌道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキャンティの言及

【ブドウ酒(葡萄酒)】より

…イタリアは世界第一の生産国で,全土にわたってブドウ酒がつくられている。トスカナ地方産のキャンティが有名。ハンガリーのトカイ,ポルトガルのポート,スペインのシェリーもデザートワインの銘酒として知られる。…

※「キャンティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キャンティの関連キーワードトランスワールド航空グッゲンハイム美術館デキャンタージュサンジミニャーノキアンティ山脈オーバーハングキャンティ山脈イタリアワイントスカナ[州]坂田久美子アレッツォミハルコフグロピウスシエナITT

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャンティの関連情報