麦藁/麦稈(読み)ムギワラ

デジタル大辞泉の解説

むぎ‐わら【麦×藁/麦×稈】

麦の穂を落としたあとの茎。屋根を葺(ふ)いたり細工物の材料にしたりする。麦稈(ばっかん)。むぎから。 夏》「―の今日の日のいろ日の匂ひ/夕爾」
麦藁帽子」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むぎわら【麦藁】

麦の穂を取り去ったあとの茎。むぎから。 [季] 夏。
「麦藁帽子」の略。 「老爺じいさんは炎天に煤けた-一つで/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android