キャンドゥー炉(読み)キャンドゥーロ

デジタル大辞泉の解説

キャンドゥー‐ろ【キャンドゥー炉】

《CANDU reactor;CANDUは、Canadian Deuterium Uranium の略》カナダ型重水炉。燃料として天然ウランのUO2を用い、減速材冷却材重水を用いる、圧力管型原子炉。重水減速重水冷却圧力管型炉。→改良型CANDU炉
[補説]カナダのほかインド・韓国・中国・ルーマニアなどで導入。加圧水型炉沸騰水型炉に次いで多く、世界の原子炉の約1割を占める(2015年3月現在)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android