キュジャス(英語表記)Jacques Cujas

世界大百科事典 第2版の解説

キュジャス【Jacques Cujas】

1522‐90
フランス人文主義法学の代表者の一人。ラテン名クヤキウスJacobus Cujacius。トゥールーズに毛織物仕上工の息子として生まれ,アルチャートの弟子フェリエに法学を学び,独学で人文主義的知識を修得した。ローマ法を講じてトゥールーズ,ブールジュ,バランス,トリノ等の諸大学を転々と移ったが,ブールジュには4度赴任し,この地に没した。カトリック教徒であるが新・旧教いずれの側にも積極的に関与せず,法学の非宗教的性格を強調。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android