コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュプリアヌス キュプリアヌス Cyprianus, Caecilius

1件 の用語解説(キュプリアヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュプリアヌス
キュプリアヌス
Cyprianus, Caecilius

[生]200頃.カルタゴ
[没]258.9.14. カルタゴ
カルタゴの司教,聖人,教父。別名 Thascius。著名な修辞学者であったがケキリアヌスに導かれてキリスト教に改宗 (246頃) ,のちカルタゴの司教となった (248/9) 。ローマ皇帝デキウス,ウァレリアヌスらの迫害のなかで信徒を励まし,信仰擁護のために戦い,ローマ教会の統一と組織強化に努めたがついに殉教した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キュプリアヌスの関連キーワードケルクアンカルタ会カルタ取り天正カルタ犬棒カルタカルタ箱トフェカルタージュビュルサカルタゴ会議

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone