コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュプリアヌス キュプリアヌスCyprianus, Caecilius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュプリアヌス
Cyprianus, Caecilius

[生]200頃.カルタゴ
[没]258.9.14. カルタゴ
カルタゴの司教,聖人,教父。別名 Thascius。著名な修辞学者であったがケキリアヌスに導かれてキリスト教に改宗 (246頃) ,のちカルタゴの司教となった (248/9) 。ローマ皇帝デキウス,ウァレリアヌスらの迫害のなかで信徒を励まし,信仰擁護のために戦い,ローマ教会の統一と組織強化に努めたがついに殉教した。神学的にはテルトゥリアヌスの影響を受けた。神を父,教会を母とする思想は彼に由来し,教会史における影響は大きい。おもな論文として『カトリック教会統一論』があり,書簡も特に重要で「教会の外に救いはない」「教会を母としてもたないものは神を父としてもつことができない」「教会は司教において存在する」などの言葉を残した。また彼はローマ教会を全カトリック教会の根源とみなしたが,異端者や離教者による洗礼の有効性を否定し,その有効性を擁護した教皇ステファヌス1世と対立した。祝日は9月 16日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キュプリアヌスの関連キーワードアフリカ[ローマ属州]ルキウス1世

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android