キントラノオ(英語表記)Galphimia glauca Cav.

世界大百科事典 第2版の解説

キントラノオ【Galphimia glauca Cav.】

常緑でかっこうのよいキントラノオ科の小低木(イラスト)。メキシコ原産で温室で栽植される。高さ1mあまりで,はこまかく分枝する。葉は対生し,卵形から長卵形,無毛で裏面は白緑色。花は枝端の総状花序につき直径1cm,花弁は黄色で鋸歯がある。実は3室に分かれた蒴果(さくか)。栽培には保温した温室が必要である。 キントラノオ属は,中南米に約15種ほどがあるが,すべて低木で,2~3種が観賞用に栽植される。 キントラノオ科Malpighiaceaeは南アメリカに多く,ほとんどのものが小低木から成る熱帯系の科で,約60属800種が知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android