キンモンガ(読み)きんもんが

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンモンガ
きんもんが / 金紋蛾
[学]Psychostrophia melanargia

昆虫綱鱗翅(りんし)目フタオガ科に属するガ。はねの開張30ミリメートル内外。はねは黒く、前翅には淡黄色の大きな紋があり、後翅ははねの中央部が広く淡黄色。触角はチョウのように単純であるが、先が膨れていない。春と夏の2回出現し、平地にも山地にもいる。昼飛性で、日中チョウのように飛び回る。本州、四国、九州に分布し、九州では、黄色部の白い個体がよくみられる。日本特産種。幼虫はリョウブの葉を食べる。体は白蝋(はくろう)状の物質で覆われ、葉間などで蛹化(ようか)するとき、繭にこの物質を混ぜて白い繭をつくるし、蛹(さなぎ)も白粉に覆われている。蛹で越冬する。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキンモンガの言及

【フタオガ(双尾蛾)】より

…腹脚は尾脚を加えると5対ある。日本には,キンモンガとフジキオビという,この科としては異質的な種を産する。いずれも中型(開張2~3.5cm),成虫は昼間活発に飛ぶ。…

※「キンモンガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android