コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギマラエンス Guimaraens, Alphonsus de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギマラエンス
Guimaraens, Alphonsus de

[生]1870.7.24. オーロプレト
[没]1921.7.15. マリアーナ
ブラジルの詩人。サンパウロ大学で法律を学び,ミナスジェライス州の奥地で判事をつとめ,1904年からマリアーナに移って終生判事の職にあった。質素な生活をおくり,文学界からも孤絶し,「マリアーナの隠者」と呼ばれた。代表作『ドナ・ミスティカ』 Dona Mística (1899) ,『キリアレ』 Kiriale (1902) ,『愛と死の信者への田園詩』 Pastoral aos Crentes do Amor e da Morte (23) など。死と結びついた愛,病死した婚約者と聖母をテーマにした詩が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ギマラエンスの関連キーワード普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史奈破崙開拓使コッペリア文化闘争グロージェンキンス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android