ギマラエンス(英語表記)Guimaraens, Alphonsus de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギマラエンス
Guimaraens, Alphonsus de

[生]1870.7.24. オーロプレト
[没]1921.7.15. マリアーナ
ブラジルの詩人。サンパウロ大学で法律を学び,ミナスジェライス州の奥地で判事をつとめ,1904年からマリアーナに移って終生判事の職にあった。質素な生活をおくり,文学界からも孤絶し,「マリアーナの隠者」と呼ばれた。代表作『ドナ・ミスティカ』 Dona Mística (1899) ,『キリアレ』 Kiriale (1902) ,『愛と死の信者への田園詩』 Pastoral aos Crentes do Amor e da Morte (23) など。死と結びついた愛,病死した婚約者と聖母をテーマにした詩が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android