コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギヤース・ウッディーン・アリー・ヤズディー Ghiyāth al-Dīn `Alī Yazdī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギヤース・ウッディーン・アリー・ヤズディー
Ghiyāth al-Dīn `Alī Yazdī

14~15世紀のイランの歴史家。中部のヤズド出身。チムール (帖木児) に仕え,その命によりインド遠征を中心とする歴史書の編纂に着手し,1400~01年頃チムールに提出。『インド遠征日誌』 Rūznāme-i Ghazavāt-i Hindūstānとして現在知られるこの著述はチムールの好みに合わず,公式の歴史書としては認められなかったらしいが,その後編纂された多くのチムール朝公式史書の重要な原典となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android