ギリシア喜劇(読み)ギリシアきげき

百科事典マイペディアの解説

ギリシア喜劇【ギリシアきげき】

古代ギリシア演劇の一ジャンル。ギリシア語のコモイディアは〈祭りの行列の歌〉の意で,ディオニュソスを賛える祝祭行列やその際の風刺歌が起源とみられる。政治や風俗など,人事万般に対する痛烈な風刺が特色。アリストファネスを代表とする前5世紀の時事的・政治的な古喜劇,前330年ごろまでの中期喜劇(作品は伝存しない),それ以降のメナンドロスによって代表される,風俗劇に近い新喜劇の3期に分けられる。→喜劇ギリシア演劇

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のギリシア喜劇の言及

【喜劇】より

…だがいうまでもなく,そのことが,いわゆる〈喜劇〉の中に含まれる特有の精神的価値を損なうわけではなく,その本来的な批判精神とそれが人々に及ぼす精神的な効果(笑い,思考への刺激)というものは,今日の社会においても,なんらかの意味を持つといってよいであろう。
[ギリシア喜劇からモリエールまで]
 コメディcomedyの語源は,ギリシア語のkōmos(祭宴の行列)とōidē(歌)を重ねたコモイディアkōmōidiaに由来する。古代ギリシアのディオニュソスをたたえ豊饒を祝う祝祭行列,男根儀礼,為政者に対する風刺批判の歌などが劇形式に発展し,前5世紀には,喜劇として完成した形式をもつようになる。…

※「ギリシア喜劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android